アライメントの重要性

今日はゴルフ場でのアドレスのアライメントの狂いについて考えてみました。

アベレージゴルファーのほとんどがターゲットに対して右を向く傾向が多いです。

よく、右にボールが飛んだら一緒にラウンドしている人に右を向いていたよ!と指摘され、正しい方向を教えてもらったら今度は自分で思っている方向とはまるで違う感覚になるのでボールに当たらない。

なぜこういう事が起こるのだろうか?なぜプロや上級者はなぜ正しくターゲットに向けるのだろうか?

狙いを決める時点では間違えていない。さらにそこに対して構えるようにスパットを見つけ構えようとする事も間違っていない。しかし最終的にアドレスをしたら右を向く。なぜか?

色んな方を見て来て僕なりに思った事は、ボール位置が右足寄りの人は右を向いて構えている事が多いです。

原因は、イメージしたターゲットラインに対してではなく、ボールに対して構えているからだと思われます。

線をイメージしたらそれに対してスクエアに構えようとしますが、ボールと言うのは球体ですから自分がターゲットに対して正しく構えなくてもどの角度から見ても同じように見えます。

ですから、ボールを右足寄りに置き右手を使いやすく当たりやすそうな(当てれそうな)場所に置いてしまいます。ここでターゲットにボールを飛ばすと言う目的から、ボールに当てると言う目的に変わってしまう。

ここが落とし穴だと思います。ですからそうならない為にも、練習場でボールの置く位置を左足の付け根の前に置いて、全番手でボールを打つ練習をすると良いと思います。

そうする事で、左に置いたボールに対して構えると肩が右を向きにくくなります。その位置の見え方などをしっかりと覚えるようにしておくと、正しくターゲットに向け練習場で打ってるボールが打てるようになると思います。 お試し下さい。

未分類